米津玄師 菅田将暉

まちがいさがし 菅田将暉 米津玄師 ピアノ楽譜、カラオケ、カタカナ譜表付き(ドレミファ表記)、楽譜PDF、歌詞あり、鍵盤演奏タイミング、楽器練習用 ピアノ/オカリナ/サックス/トランペット/フルート/クラリネット演奏に最適!

  1. HOME >
  2. J-POP >
  3. 米津玄師 >

まちがいさがし 菅田将暉 米津玄師 ピアノ楽譜、カラオケ、カタカナ譜表付き(ドレミファ表記)、楽譜PDF、歌詞あり、鍵盤演奏タイミング、楽器練習用 ピアノ/オカリナ/サックス/トランペット/フルート/クラリネット演奏に最適!

まちがいさがし 菅田将暉 米津玄師

楽曲紹介

まちがいさがし」は、日本の歌手・菅田将暉の楽曲。1作目の配信シングルとして2019年5月14日にエピックレコードジャパンより配信された。シンガーソングライターの米津玄師によって書かれたこの曲は、菅田と同事務所に所属する松坂桃李主演の関西テレビ制作・フジテレビ系 火曜21時ドラマ「パーフェクトワールド」の主題歌として起用された。この楽曲で菅田は歌手として『第70回NHK紅白歌合戦』に初出場した。また、米津玄師のアルバム『STRAY SHEEP』に米津のカバーバージョンが収録されてされている。

2017年『灰色と青(+菅田将暉)』でのコラボレーション後、米津と菅田でまた一緒に何かやりたいとお互いに話し合っていたものが実現したもの。当初の予定より半年以上かかったと言い、2018年11月に行われた菅田のライブ時にMCで『米津玄師が「俺はまだ菅田将暉に歌わせたい曲がある」と言っている(が、菅田将暉のことを考え過ぎて3ヶ月間で1曲も作れなかった!笑)』というエピソードを披露していた。また米津も公式サイトの2018年12月のブログで「スランプ」というタイトルで投稿した記事がこの曲の制作でのことで「菅田将暉に歌わせるなら気の抜けた曲を作れない」と肩肘を張ってしまった事を認めつつ、最終的には「素晴らしいものになったと思う」語っている

作曲にあたっては「菅田じゃないと歌えない曲じゃないと意味がない」という考えから、菅田のボーカルにフォーカスをあてた曲であり、間違いだらけの人生を肯定した前向きなものとなっている

菅田・米津両名が出演した2019年4月22日放送の「菅田将暉のオールナイトニッポン」にて初フルサイズオンエアされた。

(Wikipediaより)

楽譜を画像で表示

楽譜画像を掲載しています

 

動画で見る

この楽譜を演奏している動画をyoutubeで公開しています。リズムが取れる様に伴奏の音を入れています

 

楽譜PDF

間違い探しPDF

 

この楽曲で使用する音域と演奏の難易度

ポイント

まちがいさがし 音域

 

楽器ごとの難易度

楽器音域音域対応難易度(5段階評価)☆☆☆☆☆
オカリナ(アルトC管)

演奏一部不可

※C管のみで演奏が難しい

★★
トランペット演奏可★★
ピアノ全域演奏可★★

音域が広い曲をオカリナで演奏する場合、C調のみで演奏する事が難しかったりします。複数のオカリナを使ったり、3管式のオカリナを使うといった工夫も必要です。

 

※音域や難易度は楽器や奏者によって微妙に条件が変わります。あくまで筆者の使っているYAMAHAトランペット、ナイトオカリナを使った感触で目安を書いています。ちなみにプロの奏者ではありません。アマチュアの演奏家です。あらかじめご了承下さい。

 

 

原曲紹介 

原曲はこちらになります

菅田将暉 『まちがいさがし』

 

歌詞

まちがいさがしの間違いの方に

生まれてきたような気でいたけど

まちがいさがしの正解の方じゃ

きっと出会えなかったと思う

ふさわしく 笑いあえること

何故だろうか 涙がでること

君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ

その日から何もかも 変わり果てた気がした

風に飛ばされそうな 深い春の隅で

退屈なくらいに何気なく傍にいて

間違いだらけの 些細な隙間で

くだらない話を くたばるまで

正しくありたい あれない 寂しさが

何を育んだでしょう

一つずつ 探し当てていこう

起きがけの 子供みたいに

君の手が触れていた 指を重ね合わせ

間違いか正解かだなんてどうでもよかった

瞬く間に落っこちた 淡い靄の中で

君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ

君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ

その日から何もかも 変わり果てた気がした

風に飛ばされそうな 深い春の隅で

誰にも見せない顔を見せて

君の手が触れていた 指を重ね合わせ

間違いか正解かだなんてどうでもよかった

瞬く間に落っこちた 淡い靄の中で

君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ

 

-米津玄師, 菅田将暉

© 2021 ドレミファ演奏楽譜のサイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。